ログアウトしますか?

SARS-CoV-2変異株の毒性の検討――ICU入室や死亡リスクがより顕著に

 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)変異株の毒性を仔細に検討した研究結果が報告された。トロント大学ダッララナ公衆衛生大学院(カナダ)のDavid N. Fisman氏とAshleigh R. Tuite氏が行った後ろ向きコホート研究の結果であり、カナダ医師会雑誌「CMAJ」に10月4日、論文が掲載された。

 SARS-CoV-2の変異株は野生株に比較し毒性が強いことに関しては、既に複数の報告が見られる。ただしそれらの多くは、変異株の拡散に伴い感染率や重症化率の上昇が認められるといった疫学研究に基づく報告であり、個々の変異株の毒性についての知見は限られている。これを背景として本論文の著者らは、同国オンタリオ州でSARS-CoV-2検査を受け陽性であることが確認された人を対象とする後ろ向きコホート研究を行い、変異株の毒性を野生株と比較検討した。

 解析対象は、2021年2月7日~6月27日に検査を受けた人から、長期介護施設入居者を除外した21万2,326人。なお、同国では2021年2~6月の間に、それまでの野生株にかわってN501Y変異を有するウイルス(アルファ株、ベータ株、ガンマ株)が主流になり、続いてデルタ株が増加していた。解析対象者のうち、4万3,417人(20.4%)が野生株、16万2,920人(76.7%)がN501Y変異株の感染であり、デルタ株の感染は5,989人(2.8%)だった。

 年齢、性別、ワクチン接種歴、併存疾患、妊娠の有無、検査を受けた時期を調整後、入院、集中治療室(ICU)への入室、および死亡のリスクを比較検討した。

 その結果、入院については野生株に比し、N501Y変異株ではオッズ比(OR)1.52(95%信頼区間1.42~1.63)、デルタ株ではOR2.08(同1.78~2.40)であり、ICU入室についてはN501Y変異株OR1.89(同1.67~2.17)、デルタ株OR3.35(同2.60~4.31)、死亡についてはN501Y変異株OR1.51(同1.30~1.78)、デルタ株OR2.33(同1.54~3.31)であった。この結果は、N501Y変異株の毒性が野生株よりも強く、デルタ株はより強いことを表しており、致命的なパンデミックの生じるリスクが上昇したことを意味している。

 「CMAJ」暫定編集長のKirsten Patrick氏は本論文の付随論評の中で、「カナダは今、2020年初頭に直面した当初のSARS-CoV-2とは異なるウイルスのパンデミックと戦っている。ウイルスはより賢く、より危険なものへと変化している。よってわれわれも、より賢くなる必要がある。カナダ政府は人々の安全を保つために、有効性が示されている全ての対策を効果的に融合した政策を推進すべきだ」と述べている。

 なお、1名の著者が、製薬企業との利益相反(COI)に関する情報を明らかにしている。(HealthDay News 2021年10月5日)

https://consumer.healthday.com/study-confirms-sars-cov-2-variants-of-concern-are-more-virulent-2655215772.html

Abstract/Full Text
https://www.cmaj.ca/content/early/2021/10/04/cmaj.211248

Editorial
https://www.cmaj.ca/content/early/2021/10/04/cmaj.211656

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock

当コンテンツは、AJ Advisers LLCヘルスデージャパン提供の情報を元に掲載しております。
ヘルスデージャパンのコンテンツに関する利用規定はこちらをご参照ください。

免責事項

  1. ギリアド・サイエンシズ インクおよびその子会社(併せて「ギリアド社」といいます)が事前に書面により同意した場合を除き、当コンテンツを複写、複製、印刷することは禁止されています。
  2. すべての情報は「現状のまま」提供されるものであり、ギリアド社が、当コンテンツに掲載されている情報の正確さを保証するものではありません。
  3. 当コンテンツで得られた情報の利用により、閲覧者または閲覧者が所属する団体等において不都合、不利益または損害などが発生することとなっても、その原因が何であれ、または上記情報の利用と上記不都合、不利益もしくは損害等との因果関係が直接的であれ、ギリアド社は一切の責任を負いません。
  4. 当コンテンツで掲載されている情報について、ギリアド社は問い合わせ等を受け付けていません。
  5. 当コンテンツは、未承認薬または適応外使用に関する広告活動の禁止の趣旨を考慮の上、医学・薬学の専門家が科学・医学の進歩について知る権利の重要性に鑑みて提供するものです。ギリアド社は、当コンテンツに含まれる情報によって閲覧者の購入意欲を昂進させる意図は有していません。

パスワード変更のお願い

G-STATION -Lecture-はG-STATION Plusにリニューアルしました。
G-STATION -Lecture-で既に会員の先生方は、会員パスワードの再登録が必要となります。お手数ですが、こちらから再登録をお願いいたします。

医療関係者の皆さまへ

このサイトは、国内の医療従事者を対象にしており、
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

  • このサイトでは、コンテンツ向上や、サイトの改善のためにCookieを利用しています。
    サイトを利用することで、Cookieの利用に同意するものとします。

医療関係者の方

製品に関する添付文書や
インタビューフォームなどをご利用いただけます。

特に関心のある分野をお選びいただきますと、
ご感心に沿ったコンテンツが優先的に表示されるようになります。

服薬患者様・一般の方

当サイトは医療関係者向けとなります。

患者様・一般の皆様は会員専用ページの閲覧および会員登録することができませんのでご了承ください。

会員登録される方

会員登録していただくと、
会員限定のWEB講演会がご覧いただけます。

  • 会員登録は、国内の医療機関にお勤めの医師・薬剤師などの医療関係者を対象とさせていただきます。
  • 肝臓領域コンテンツに一部会員制コンテンツがございます。会員登録して閲覧下さい。

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

ジセレカ専用サイトへ遷移します (https://www.jyseleca.jp/)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社及びエーザイ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?