ログアウトしますか?

1489/1490試験

抗HIV薬による治療経験がないHIV-1感染症患者を対象とし、ビクタルビ群とABC/DTG/3TC群を比較した海外第Ⅲ相臨床試験成績(1489/1490試験併合)(海外データ)

1489/1490試験 試験概要(海外データ)

GS-US-380-1489(1489試験)1-4

1: Gallent J, et al.: Lancet 2017; 390: 2063.
2: Wohl D, et al.: Patient 2018; 11(5): 561.
3: Wohl DA, et al.: Lancet HIV 2019; 6(6):e355.
4: 社内資料(Phase 3 study : GS-US-380-1489)(承認時評価資料).
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

目的 抗HIV薬による治療経験がない成人HIV-1感染症患者を対象に、ビクテグラビル/エムトリシタビン/テノホビル アラフェナミド(B/F/TAF:ビクタルビ配合錠)とアバカビル/ドルテグラビル/ラミブジン(ABC/DTG/3TC)との安全性および有効性を比較評価する。
対象 次の条件を満たす抗HIV薬による治療経験がない18歳以上のHIV-1感染症患者629例
HLA-B5701陰性、血漿中HIV-1 RNA量が500 copies/mL以上、スクリーニング時の遺伝子型がF、テノホビル、3TCおよびABCに対する感受性を示す、eGFRCG注1)が50mL/min以上、慢性B型肝炎なし
試験方法 多施設共同無作為化二重盲検実薬対照平行群間非劣性試験(国際共同治験)
投与方法 対象患者を以下の2投与群のいずれかに1:1の比率で割り付けた。
ビクタルビ配合錠群:ビクタルビ配合錠(B 50mg/F 200mg/TAF 25mg)およびABC/DTG/3TCのFDC注2)に対応したプラセボを食事に関係なく1日1回経口投与
ABC/DTG/3TC群:ABC/DTG/3TC(ABC 600mg/DTG 50mg/3TC 300mg)のFDCおよびビクタルビ配合錠に対応したプラセボを食事に関係なく1日1回経口投与
主要評価項目 FDAのスナップショットアルゴリズムによる投与48週時点の血漿中HIV-1 RNA量が50 copies/mL未満であった被験者の割合の対照群との比較評価(非劣性)
副次評価項目 投与48週、96週および144週までの2投与群間での有効性(血漿中HIV-1 RNA量50、20 copies/mL未満の患者割合、CD4細胞数のベースラインからの変化等)、安全性および忍容性(有害事象の発現状況、脂質パラメータ)の評価、投与48週、96週および144週までの寛骨(大腿骨近位部)および脊椎の骨密度(BMD)、腎機能(腎バイオマーカー/ 尿中クレアチニン比)のベースラインからの変化率、ベースライン、投与4週、12週、48週時のPRO〔HIV-SI(HIV症状インデックス)、PSQI(ピッツバーグ睡眠質問票)〕等
解析計画 主要評価項目における実薬対照に対するビクタルビ配合錠の非劣性は、投与群間差の95.002%信頼区間の下限値が、事前に設定した非劣性マージン−12%を下回らない場合と定義した。投与群間差とその95.002%信頼区間は、ベースラインのHIV-1 RNA量(100,000 copies/mL以下または100,000 copies/mL超)および地域(米国または米国以外)の層別因子により調整したMantel-Haenszel検定に基づいて算出した。主要評価項目および副次評価項目(安全性および忍容性)については1490試験との併合解析を行った。
PRO:HIV-SIにおける症状は2分法でlogistic回帰モデル化され、未調整(共変数なし)、調整済み(ベースライン時の年齢、性別、人種、eGFR、VACS Indexスコア、CD4数、FIB-4 Indexスコア、症状の有無、重篤な精神疾患、HIV-SI symptomカウント、SF-36 PCS、SF-36MCS、HIV-1 RNA量を共変量とする)解析により各時点での治療との関連を推定した。また、質問票に記入した4時点を通じたHIV-SIの症状パターンを示すために、一般混合効果モデルによる縦断的多変量モデル化を行い、治療と各症状の関連を推定した。PSQIにおける睡眠の質も同様に治療との関連を推定した。

注1) Cockcroft-Gault式による推算糸球体ろ過量
注2) 固定用量配合錠

無作為割り付けされ、治験薬を少なくとも1回投与された629例(ビクタルビ配合錠群314例、ABC/DTG/3TC群315例)を最大の解析対象集団(FAS)および安全性解析対象集団とした。

GS-US-380-1490(1490試験)5-7

5: Sax PE, et al.: Lancet 2017; 390: 2073.
6: Stellbrink HJ, et al.: Lancet HIV 2019; 6(6): e364.
7: 社内資料(Phase 3 study : GS-US-380-1490)(承認時評価資料).
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

目的 抗HIV薬による治療経験がない成人HIV-1感染症患者を対象に、ビクテグラビル/エムトリシタビン/テノホビル アラフェナミド(B/F/TAF:ビクタルビ配合錠)とドルテグラビル+エムトリシタビン/テノホビル アラフェナミド(DTG+F/TAF)との安全性および有効性を比較評価する。
対象 次の条件を満たす抗HIV薬による治療経験がない18歳以上のHIV-1感染症患者645例
血漿中HIV-1 RNA量が500 copies/mL以上、スクリーニング時の遺伝子型がFおよびテノホビルに対する感受性を示す、eGFRCG注1)が30mL/min以上、慢性B型肝炎の有無は問わない
試験方法 多施設共同無作為化二重盲検実薬対照平行群間非劣性試験(国際共同治験)
投与方法 対象患者を以下の2投与群のいずれかに1:1の比率で割り付けた。
ビクタルビ配合錠群:ビクタルビ配合錠(B 50mg/F 200mg/TAF 25mg)+DTGに対応したプラセボおよびF/TAFのFDC注2)に対応したプラセボを食事に関係なく1日1回経口投与
DTG+F/TAF群:DTG 50mg+F/TAF(F 200mg/TAF 25mg)のFDCおよびビクタルビ配合錠に対応したプラセボを食事に関係なく1日1回経口投与
主要評価項目 FDAのスナップショットアルゴリズムによる投与48週時点の血漿中HIV-1 RNA量が50 copies/mL未満であった被験者の割合の対照群との比較評価(非劣性)
副次評価項目 投与48週、96週および144週までの2投与群間での有効性(血漿中HIV-1 RNA量50、20 copies/mL未満の患者割合、CD4細胞数のベースラインからの変化等)、安全性および忍容性(有害事象の発現状況、脂質パラメータ)の評価等
解析計画 主要評価項目における実薬対照に対するビクタルビ配合錠の非劣性は、投与群間差の95.002%信頼区間の下限値が、事前に設定した非劣性マージン−12%を下回らない場合と定義した。投与群間差とその95.002%信頼区間は、ベースラインのHIV-1 RNA量(100,000 copies/mL以下または100,000 copies/mL 超)および地域(米国または米国以外)の層別因子により調整したMantel-Haenszel検定に基づいて算出した。主要評価項目および副次評価項目(安全性および忍容性)については1489試験との併合解析を行った。

注1) Cockcroft-Gault式による推算糸球体ろ過量
注2) 固定用量配合錠

無作為割り付けされ、治験薬を少なくとも1回投与された645例(ビクタルビ配合錠群320例、DTG+F/TAF群325例)を最大の解析対象集団(FAS)および安全性解析対象集団とした。

1489試験および1490試験の患者背景

1489/1490試験 有効性

(1) FDAのスナップショットアルゴリズムによる投与48週時点の血漿中HIV-1 RNA量が50 copies/mL未満であった被験者の割合

[1489試験および1490試験の併合解析(FAS)](主要評価項目)(海外データ)

FASを対象とした1489試験および1490試験の併合解析で、FDAのスナップショットアルゴリズムによる投与48週時点の血漿中HIV-1 RNA量が50 copies/mL未満であった被験者の割合は、ビクタルビ配合錠群が90.9%、ABC/DTG/3TC群が93.0%、DTG+F/TAF群が92.9%であり、ビクタルビ配合錠群とABC/DTG/3TC群、DTG+F/TAF群の群間差の両側95%信頼区間の下限値が事前に設定したマージン−12%を上回ったことから、ビクタルビ配合錠群は、ABC/DTG/3TC群[群間差(95%信頼区間):−2.1%(−5.9%〜1.6%)]、DTG+F/TAF群[群間差(95%信頼区間):−1.9%(−5.6%〜1.8%)]の双方に対し、非劣性が検証されました。

(2) 投与48週時点のCD4細胞数のベースラインからの変化量

[1489試験および1490試験の併合解析(FAS)](副次評価項目)(海外データ)

1489試験および1490試験における投与48週時点のCD4細胞数のベースラインからの変化量の平均値(標準偏差)は、ビクタルビ配合錠群が207(178.0)cells/μL、ABC/DTG/3TC群が229(188.8)cells/μL、DTG+F/TAF群が201(166.4)cells/μLであり、ビクタルビ配合錠群と対照群の最小二乗平均値の差(95%信頼区間)は、ABC/DTG/3TC群との差が−23 cells/μL(−48〜3 cells/μL)、DTG+F/TAF群との差が4 cells/μL(−21〜28 cells/μL)でした。

●来院ごとのCD4細胞数のベースラインからの変化量

(3)FDAのスナップショットアルゴリズムによる投与96週時点の血漿中HIV-1 RNA量のカットオフ値50 copies/mLによるウイルス学的転帰

[第Ⅲ相国際共同試験(1489試験)(FAS)](副次評価項目)(海外データ)

投与開始96週のビクタルビ配合錠群のウイルス学的成功率は88%であり、対照群に対する非劣性が示されました。

ウイルス学的成功:血漿中HIV-1 RNA量 50 copies/mL未満
ABC:アバカビル、DTG:ドルテグラビル、3TC:ラミブジン
*:ビクタルビ配合錠群とABC/DTG/3TC群の群間差の両側95%信頼区間の下限値が事前に設定したマージン-12%を上回ったことから[群間差(95%信頼区間):-1.9%(-6.9%~3.1%)]、ビクタルビ配合錠群は、ABC/DTG/3TC群に対し、非劣性が示されました(副次評価項目)。
†:欠測データをウイルス学的失敗として扱う解析
‡:欠測データを解析対象から除外する解析
Wohl DA, et al.: Lancet HIV 2019; 6(6):e355.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より⽀援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より⽀援を受けている者が含まれます。

(4)投与96週時点の血漿中HIV-1 RNA量のカットオフ値50 copies/mLによるウイルス学的転帰

[第Ⅲ相国際共同試験(1490試験)(FASおよびPP)](副次評価項目)(海外データ)

投与開始96週のビクタルビ配合錠群のウイルス学的成功率は84%であり、対照群に対する非劣性が示されました(FAS)。

ウイルス学的成功:血漿中HIV-1 RNA量 50 copies/mL未満
DTG:ドルテグラビル、F:エムトリシタビン、TAF:テノホビル アラフェナミド
*:ビクタルビ配合錠群とDTG+F/TAF群の群間差の両側95%信頼区間の下限値が事前に設定したマージン­12%を上回ったことから[群間差(95%信頼区間):­2.3%(­7.9%~3.2%)]、ビクタルビ配合錠群は、 DTG+F/TAF群に対し、非劣性が示されました(副次評価項目)。
†:96週で服薬遵守率の低い(服薬遵守率が第1四分位以下)患者や、治療を受けていない患者を除外する解析
‡:欠測データをウイルス学的失敗として扱う解析
§:欠測データを解析対象から除外する解析
Stellbrink HJ, et al.: Lancet HIV 2019; 6(6): e364.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

(5)耐性変異発現例(海外データ)

●抗HIV薬による治療経験がないHIV-1感染症患者を対象とした1489試験における耐性検査対象例と耐性変異発現例1‒3(海外データ)

抗HIV薬による治療経験がないHIV-1感染症患者を対象とした1489試験の96週の観察の結果、ビクタルビ配合錠の成分に対する新たな耐性変異の発現は認められませんでした。

ABC:アバカビル、DTG:ドルテグラビル、3TC:ラミブジン
*:ウイルス学的失敗と判定された時点、投与48週後または早期に本剤の投与を中止した時点のHIV-1 RNA量が200 copies/mL以上であった患者を対象に遺伝子型および表現型解析を行った。
†:2回の来院で連続してHIV-1 RNA量が200 copies/mL以上であった患者、あるいは48週、96週、8週以降の最後の来院においてHIV-1 RNA量が200 copies/mL以上であり、その後治療を受けながらもHIV-1 RNA量が50 copies/mL未満にならなかった患者を対象に遺伝子型および表現型解析を行った。
1. Gallent J, et al.: Lancet 2017; 390: 2063.
2. 社内資料(Phase 3 study : GS-US-380-1489)(承認時評価資料)
3. Wohl DA, et al.: Lancet HIV 2019; 6(6):e355.
上記試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

●抗HIV薬による治療経験がないHIV-1感染症患者を対象とした1490試験における耐性検査対象例と耐性変異発現例4‒6(海外データ)

抗HIV薬による治療経験がないHIV-1感染症患者を対象とした1490試験の96週の観察の結果、ビクタルビ配合錠の成分に対する新たな耐性変異の発現は認められませんでした。

DTG:ドルテグラビル、F:エムトリシタビン、TAF:テノホビル アラフェナミド
*:ウイルス学的失敗と判定された時点、投与48週後または早期に本剤の投与を中止した時点のHIV-1 RNA量が200 copies/mL以上であった患者を対象に遺伝子型および表現型解析を行った。
†:2回の来院で連続してHIV-1 RNA量が200 copies/mL以上であった患者、あるいは48週、96週、8週以降の最後の来院においてHIV-1 RNA量が200 copies/mL以上であり、その後治療を受けながらもHIV-1 RNA量が50 copies/mL未満にならなかった患者を対象に遺伝子型および表現型解析を行った。
4. Sax PE, et al.: Lancet 2017; 390: 2073.
5. 社内資料(Phase 3 study : GS-US-380-1490)(承認時評価資料)
6. Stellbrink HJ, et al.: Lancet HIV 2019; 6(6): e364.
上記試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

1489/1490試験 安全性

(1)骨密度[1489試験48週(安全性解析対象集団)](副次評価項目)(海外データ)

DXA法を用いて、ベースラインから投与48週までの脊椎および寛骨(大腿骨近位部)の骨密度の変化率を比較したところ、各投与群で同様の結果でした。投与48週時点におけるベースラインからの変化率の平均値(標準偏差)は、脊椎では、ビクタルビ配合錠群が−0.83%(3.19%)、ABC/DTG/3TC群が−0.60%(3.10%)であり、2群の最小二乗平均値の差(95%信頼区間)は−0.24%(−0.77〜0.30%)でした。また、寛骨(大腿骨近位部)では、ビクタルビ配合錠群が−0.78%(2.22%)、ABC/DTG/3TC群が−1.02%(2.31%)であり、2群の最小二乗平均値の差(95%信頼区間)は0.24%(−0.15〜0.63%)でした。

■脊椎および寛骨(大腿骨近位部)の骨密度のベースラインからの変化率

ABC:アバカビル、DTG:ドルテグラビル、3TC:ラミブジン
*: ANOVA(ビクタルビ配合錠群 vs ABC/DTG/3TC群)
Gallent J, et al.: Lancet 2017; 390: 2063.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

(2)腎機能[1489試験48週(安全性解析対象集団)](副次評価項目)(海外データ)

1489試験において、UACR、尿中RBP†/クレアチニン比および尿中β2マイクログロブリン/クレアチニン比のベースラインからの変化率の中央値は投与群間で同様でした。

■投与48週時点における腎バイオマーカー/尿中クレアチニン比のベースラインからの変化率

UACR:尿中アルブミン/クレアチニン比、RBP:レチノール結合蛋白、ABC:アバカビル、DTG:ドルテグラビル、3TC:ラミブジン
*:両側ウィルコクソンの順位和検定(ビクタルビ配合錠群 vs ABC/DTG/3TC群)
社内資料(Phase 3 study : GS-US-380-1489)(承認時評価資料)
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

(3)有害事象および副作用の発現状況[1489試験および1490試験48週(安全性解析対象集団)](副次評価項目)(海外データ)

投与48週時点で、ビクタルビ配合錠群で634例中139例(21.9%)、ABC/DTG/3TC群で315例中127例(40.3%)、DTG+F/TAF群で325例中83例(25.5%)に臨床検査値異常を含む副作用が認められました。主な副作用は、ビクタルビ配合錠群で頭痛29例(4.6%)、下痢29例(4.6%)、悪心26例(4.1%)等、ABC/DTG/3TC群で悪心55例(17.5%)、頭痛15例(4.8%)、下痢13例(4.1%)、DTG+F/TAF群で悪心17例(5.2%)、下痢11例(3.4%)、頭痛10例(3.1%)等でした。
重篤な副作用として、ビクタルビ配合錠群で胸痛、自殺企図、全身性強直性間代性発作各1例が認められました。
ABC/DTG/3TC群で1例に胃腸炎、脂肪便および慢性膵炎が認められました。投与中止に至った副作用として、ビクタルビ配合錠群で胸痛1例、腹部膨満1例、睡眠障害、消化不良、緊張性頭痛、抑うつ気分および不眠症1例、ABC/DTG/3TC群で、悪心と全身性皮疹1例、血小板減少症1例、慢性膵炎と脂肪便1例、うつ病1例が認められました。死亡はビクタルビ配合錠群で1例、DTG+F/TAF群で2例認められましたが、治験薬との関連は否定されました。
有害事象および副作用の発現割合(例数)は下表の通りです。

(4)有害事象の発現状況[1489試験48週(安全性解析対象集団)](副次評価項目)(海外データ)

投与開始48週のビクタルビ配合錠群の副作用発現割合は26%でした。有害事象の中で、悪心はビクタルビ配合錠群では対照群より有意に少ない発現割合でした。

*:p<0.0001(ビクタルビ配合錠群 vs ABC/DTG/3TC群、Fisherの正確確率検定)
重篤な副作用として、ビクタルビ配合錠群で1例に全身性強直性間代性発作、ABC/DTG/3TC群で1例に胃腸炎、脂肪便および慢性膵炎が認められた。投与中止に至った副作用として、ABC/DTG/3TC群で、悪心と全身性皮疹1例、血小板減少症1例、慢性膵炎と脂肪便1例、うつ病1例が認められた。
ABC:アバカビル、DTG:ドルテグラビル、 3TC:ラミブジン
Gallent J, et al.: Lancet 2017; 390: 2063.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

(5)有害事象の発現状況[1490試験48週(安全性解析対象集団)] (副次評価項目)(海外データ)

投与開始48週のビクタルビ配合錠群の副作用発現割合は18%であり、対照群より有意に少ない割合でした。

*:p=0.022(ビクタルビ配合錠群 vs DTG+F/TAF群、Fisherの正確確率検定)
重篤な副作用として、ビクタルビ配合錠群で胸痛、自殺企図各1例が認められた。投与中止に至った副作用として、ビクタルビ配合錠群で胸痛1例、腹部膨満1例、睡眠障害、消化不良、緊張性頭痛、抑うつ気分および不眠症1例が認められた。死亡はビクタルビ配合錠群で1例、DTG+F/TAF群で2例認められたが、治験薬との関連は否定された。
DTG:ドルテグラビル、F:エムトリシタビン、TAF:テノホビル アラフェナミド
Sax PE, et al.: Lancet 2017; 390: 2073.
上記試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

(6)48週時における空腹時脂質パラメータのベースラインからの変化量[1489試験および1490試験48週(安全性解析対象集団)](副次評価項目)(海外データ)

(7)脊椎および寛骨(大腿骨近位部)の骨密度のベースラインからの変化率[1489試験96週(安全性解析対象集団)] (副次評価項目)(海外データ)

抗HIV薬による治療経験がないHIV-1感染症患者を対象とした1489試験において、ビクタルビ配合錠群の脊椎と寛骨(大腿骨近位部)の骨密度の変化率は投与開始後96週でそれぞれ、ー0.71%、ー1.13%でした。

ABC:アバカビル、DTG:ドルテグラビル、3TC:ラミブジン、*: ANOVA(ビクタルビ配合錠群 vs ABC/DTG/3TC群)
Wohl DA, et al.: Lancet HIV 2019; 6(6):e355.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

(8)投与96週時点における腎バイオマーカーのベースラインからの変化[1489試験96週(安全性解析対象集団)] (副次評価項目)(海外データ)

抗HIV薬による治療経験がないHIV-1感染症患者を対象とした1489試験において、ビクタルビ配合錠群のUACR、尿中β2マイクログロブリン/クレアチニン比、尿中RBP/クレアチニン比の変化率は投与開始後96週でそれぞれ、ー0.3%、ー30.8%、21.2%でした。

*:Cockcroft-Gault式による推算糸球体ろ過量
†:両側ウィルコクソンの順位和検定(ビクタルビ配合錠群 vs ABC/DTG/3TC群)
UACR:尿中アルブミン/クレアチニン比、RBP:レチノール結合蛋白、ABC:アバカビル、DTG:ドルテグラビル、3TC:ラミブジン
Wohl DA, et al.: Lancet HIV 2019; 6(6):e355.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

(9)有害事象の発現状況[1489試験96週(安全性解析対象集団)] (副次評価項目)(海外データ)

抗HIV薬による治療経験がないHIV-1感染症患者を対象にした1489試験において、投与開始96週のビクタルビ配合錠群の副作用発現割合は28%であり、対照群より有意に少ない割合でした。

*:このうちの1例は当初の解析時には副作用と報告されたが、その後情報が追加され、治験薬と関連がないとされた。
†:p=0.002(ビクタルビ配合錠群 vs ABC/DTG/3TC群、Fisherの正確確率検定)
‡:p=0.0001(ビクタルビ配合錠群 vs ABC/DTG/3TC群、Fisherの正確確率検定)
重篤な副作用として、ビクタルビ配合錠群で全身性強直間代性発作、自然流産各1例、ABC/DTG/3TC群で胃腸炎、脂肪便、慢性膵炎1例が認められた。投与中止に至った副作用は、ビクタルビ配合錠群では認められなかった。ABC/DTG/3TC群では、悪心と全身性皮疹1例、血小板減少症1例、慢性膵炎と脂肪便1例、うつ病1例が認められた。死亡はビクタルビ配合錠群で2例(ドラッグの過剰摂取、自殺各1例)認められたが、治験薬との関連は否定された。
ABC:アバカビル、DTG:ドルテグラビル、3TC:ラミブジン
Wohl DA, et al.: Lancet HIV 2019; 6(6):e355.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

(10)有害事象の発現状況[1490試験96週(安全性解析対象集団)] (副次評価項目)(海外データ)

抗HIV薬による治療経験がないHIV-1感染症患者を対象にした1490試験において、投与開始96週のビクタルビ配合錠群の副作用発現割合は20%であり、対照群より有意に少ない割合でした。

*:p=0.02(ビクタルビ配合錠群 vs DTG+F/TAF群、 Fisherの正確確率検定)
重篤な副作用はビクタルビ配合錠群で3例(胸痛等)に認められた。投与中止に至った副作用として、ビクタルビ配合錠群で胸痛1例、腹部膨満1例、睡眠障害、消化不良、緊張性頭痛、抑うつ気分および不眠症1例、DTG+F/TAF群でうつ病1例、脂肪萎縮症1例が認められた。死亡はビクタルビ配合錠群で3例(虫垂炎と敗血症性ショック後の心停止、胃腺癌、高血圧性心疾患とうっ血性心不全各1例)、 DTG+F/TAF群で3例(死因不明、慢性閉塞性肺疾患に伴う肺塞栓症、リンパ腫各1例)認められたが、治験薬との関連は否定された。
DTG:ドルテグラビル、F:エムトリシタビン、TAF:テノホビル アラフェナミド
Stellbrink HJ, et al.: Lancet HIV 2019; 6(6): e364.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

1489試験 PRO(参考情報)

PRO(Patient Reported Outcomes:患者報告アウトカム)とは

ビクタルビ配合錠の臨床試験で使用されたPRO尺度

HIV-SI(HIV症状インデックス)において、両治療群(ビクタルビ群とABC/DTG/3TC群)で「困っている」と報告した患者割合が有意に少なかった項目および評価時点(副次評価項目)(海外データ)

「疲労/エネルギー喪失」「悪心/嘔吐」「食欲不振」に関して、ビクタルビ配合錠群とABC/DTG/3TC群との間で有意差がみられました(縦断的多変量モデル)。

※:有意水準 p<0.05。各時点の推定は調整済みlogistic回帰モデルによる。
Wohl D, et al.: Patient 2018; 11(5): 561. より改変.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

治療とHIV-SI上のHIV感染症にかかわる症状との関連(詳細)(副次評価項目)(海外データ)

OR<1がビクタルビ配合錠群で、各症状に困っていると報告した患者が少ないことをあらわしている(有意水準 p<0.05)。
調整済みlogistic回帰モデルは、ベースラインのHIV-SIカウント、年齢、性別、ベースラインのVACS Index、重篤な精神疾患、ベースラインのSF-36 PCS、ベースラインのSF-36 MCSによって調整され、治療を独立変数、困っているHIV-SI項目を従属変数として含む。下記の共変数が統計的に有意(p<0.05)であった:aベースラインのHIV-SIカウント、b年齢、c性別、dベースラインのVACS Index、e重篤な精神疾患、fベースラインのSF-36 PCS、gベースラインのSF-36 MCS
Wohl D, et al.: Patient 2018; 11(5): 561. より改変
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

PSQI(ピッツバーグ睡眠質問票)で“睡眠の質が悪い”と報告した患者割合(副次評価項目)(海外データ)

ビクタルビ配合錠の48週の投与により、“睡眠の質が悪い”と報告した患者割合は48.1%から38.7%になりました。

PSQI(睡眠の質や睡眠障害を19項目で評価する自己記入式の質問票)において、スコア6以上を“睡眠の質が悪い”とした(Buysse DJ, et al.: Psychiatry Res 1989; 28: 193.)。
Wohl D, et al.: Patient 2018; 11(5): 561. をもとに作成
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

その他関連製品

パスワード変更のお願い

G-STATION -Lecture-はG-STATION Plusにリニューアルしました。
G-STATION -Lecture-で既に会員の先生方は、会員パスワードの再登録が必要となります。お手数ですが、こちらから再登録をお願いいたします。

医療関係者の皆さまへ

このサイトは、国内の医療従事者を対象にしており、
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

  • このサイトでは、コンテンツ向上や、サイトの改善のためにCookieを利用しています。
    サイトを利用することで、Cookieの利用に同意するものとします。

医療関係者の方

製品に関する添付文書や
インタビューフォームなどをご利用いただけます。

特に関心のある分野をお選びいただきますと、
ご関心に沿ったコンテンツが優先的に表示されるようになります。

服薬患者様・一般の方

当サイトは医療関係者向けとなります。

患者様・一般の皆様は会員専用ページの閲覧および会員登録することができませんのでご了承ください。

会員登録される方

会員登録していただくと、
会員限定のWEB講演会がご覧いただけます。

  • 会員登録は、国内の医療機関にお勤めの医師・薬剤師などの医療関係者を対象とさせていただきます。
  • 肝臓領域コンテンツに一部会員制コンテンツがございます。会員登録して閲覧下さい。

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。