ログアウトしますか?

パンデミックによるがん治療停滞の実態、米国では病理検査が1割減

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックにより、がん治療が停滞している実態が米国から報告された。2020年の1年間に行われた病理検査は前年より1割以上少なく、パンデミック初期に当たる4月に限ると4割以上減少していたという。米国がん協会(ACS)のY. Robin Yabroff氏らの研究によるもので、詳細は「Journal of the National Cancer Institute」に6月28日掲載された。

 Yabroff氏らは、米国ジョージア州とルイジアナ州のがん登録データベースを用いて、2019年と2020年の病理検査の施行件数を比較した。COVID-19パンデミックによるがん治療の停滞や遅延を指摘するデータはこれまでにも報告されているが、それらの研究は解析対象期間が短期に限られており、2020年通年のパンデミックの影響を検討した研究はこの報告が初めて。

 まず、両年の病理検査の総件数を比較すると、2019年の29万4,113件に対して2020年は26万4,208件で2万9,905件少なく、変化率は-10.2(95%信頼区間-10.2~-10.2)だった。月ごとに比較した場合、4月が最も大きく減少しており、変化率は-42.8%に及んだ。2020年の1年間を通して、月ごとの病理件数が2019年の実績を超えた月は存在しなかった。

 年齢層別に見ると、絶対数が最も大きく減少していたのは50代であり、5,633件の減少、変化率は-10.0%(同-10.0~-10.1)で、続いて70代の5,385件減、-7.9%(同-7.9~-7.9)だった。一方、変化率が最も大きかったのは18歳未満であり、2,366件減、-38.3%(同-38.3~-38.5)、続いて80歳以上の3,233件減、-11.6%(同-11.6~-11.7)だった。

 がんの部位別では、絶対数の減少幅が最大だったのは乳がんの5,947件減、-9.0%(同-9.0~-9.1)であり、変化率が最も大きかったのは肺がんの5,844件減、-17.4%(同-17.4~-17.5)だった。乳がんや肺がんのほかには、大腸がんが2,693件減、-12.0%(同-11.9~-12.0)、前立腺がんが897件減、-5.8%(同-5.7~-5.9)であり、その他のがんは1万4,524件減、-9.3%(同-9.3~-9.3)だった。

 この結果をYabroff氏は、「乳がんや大腸がんなど、これまで効果的なスクリーニング検査が実施されてきたがんでは、精査が必要とされる多数の疑い症例が存在するにもかかわらず、その診断確定が先延ばしされている実態が明らかになった。さらに、小児や若年成人などの従来から効果的なスクリーニング体制が確立されていないがんも含めて、2020年にはあらゆる年齢層、あらゆる部位のがんの診断が大幅に減少していた」と結論付けている。加えて、「これらの結果は、大半のがん患者の治療開始が遅延していたことを示唆するものだ」と影響の大きさを指摘している。(HealthDay News 2021年6月28日)

https://consumer.healthday.com/10-2-percent-decrease-in-pathology-reports-in-2020-versus-2019-2653566391.html

Abstract/Full Text
https://academic.oup.com/jnci/advance-article/doi/10.1093/jnci/djab122/6307727

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.

当コンテンツは、AJ Advisers LLCヘルスデージャパン提供の情報を元に掲載しております。
ヘルスデージャパンのコンテンツに関する利用規定はこちらをご参照ください。

免責事項

  1. ギリアド・サイエンシズ インクおよびその子会社(併せて「ギリアド社」といいます)が事前に書面により同意した場合を除き、当コンテンツを複写、複製、印刷することは禁止されています。
  2. すべての情報は「現状のまま」提供されるものであり、ギリアド社が、当コンテンツに掲載されている情報の正確さを保証するものではありません。
  3. 当コンテンツで得られた情報の利用により、閲覧者または閲覧者が所属する団体等において不都合、不利益または損害などが発生することとなっても、その原因が何であれ、または上記情報の利用と上記不都合、不利益もしくは損害等との因果関係が直接的であれ、ギリアド社は一切の責任を負いません。
  4. 当コンテンツで掲載されている情報について、ギリアド社は問い合わせ等を受け付けていません。
  5. 当コンテンツは、未承認薬または適応外使用に関する広告活動の禁止の趣旨を考慮の上、医学・薬学の専門家が科学・医学の進歩について知る権利の重要性に鑑みて提供するものです。ギリアド社は、当コンテンツに含まれる情報によって閲覧者の購入意欲を昂進させる意図は有していません。

医療関係者の皆さまへ

このサイトは、国内の医療従事者を対象にしており、
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

  • このサイトでは、コンテンツ向上や、サイトの改善のためにCookieを利用しています。
    サイトを利用することで、Cookieの利用に同意するものとします。

医療関係者の方

製品に関する添付文書や
インタビューフォームなどをご利用いただけます。

特に関心のある分野をお選びいただきますと、
ご感心に沿ったコンテンツが優先的に表示されるようになります。

服薬患者様・一般の方

当サイトは医療関係者向けとなります。

患者様・一般の皆様は会員専用ページの閲覧および会員登録することができませんのでご了承ください。

会員登録される方

会員登録していただくと、
会員限定のWEB講演会がご覧いただけます。

  • 会員登録は、国内の医療機関にお勤めの医師・薬剤師などの医療関係者を対象とさせていただきます。
  • 肝臓領域コンテンツに一部会員制コンテンツがございます。会員登録して閲覧下さい。

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

ジセレカ専用サイトへ遷移します(https://www.jyseleca.jp/)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社、エーザイ社、EAファーマ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?

ジセレカ製品サイト/関節リウマチのページへ遷移します(https://www.jyseleca.jp/ra)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社及びエーザイ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?

ジセレカ製品サイト/潰瘍性大腸炎のページへ遷移します(https://www.jyseleca.jp/uc)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社及びEAファーマ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?