ログアウトしますか?

レムデシビルによるCOVID-19病勢抑制を確認――カナダの多施設研究

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するレムデシビルの有用性を示す新たなエビデンスが報告された。カナダ国内で行われた多施設共同研究の結果であり、レムデシビル投与群では機械的人工換気などを要する患者が有意に少なかったという。同国内の医療機関ネットワークであるナイアガラヘルスのKarim Ali氏らの研究によるもので、詳細はカナダ医師会発行の「CMAJ」に1月19日掲載された。

 この研究は、COVID-19に対する複数の治療薬の有用性を検討した非盲検下の無作為化比較試験である「CATCO(Canadian Treatments for COVID-19)」のデータを解析したもの。CATCOにはカナダ国内の50以上の施設が参加し、レムデシビルのほかに、インターフェロンやヒドロキシクロロキンなどの有用性についても検討された。今回の報告はそれらのうち、レムデシビルに関するデータを解析したもの。

 2020年8月14日~2021年4月1日の入院患者のうち、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染が確認され、24時間以上の生存が予測された、レムデシビル未投与の患者1,282人が登録された。無作為に2群に分け、全員に本研究実施時点での標準的な治療を行った上で1群(634人)にはレムデシビルを追加、他の1群(648人)は標準治療のみを継続した。レムデシビルの投与量は、初日に200mg、翌日以降は100mgであり、計10日間静脈内投与。

 ベースライン時の患者背景は両群で有意差がなく、カナダにおけるCOVID-19入院患者の臨床像と一致していた。患者の54.5%は入院1日目に低流量酸素投与が開始され、21.4%はICUに収容されていた。データ解析は、研究参加同意の撤回、および継続入院中だった患者、計15人を除外し、1,267人で行われた。

 主要評価項目である院内死亡率は、標準治療群の22.6%に対してレムデシビル追加群は18.7%であり、後者で低い傾向があったが群間差は有意でなかった〔相対リスク(RR)0.83(95%信頼区間0.67~1.03)〕。また、60日死亡率は同順に28.2%、24.8%だった〔RR0.88(同0.72~1.07)〕。

 一方、二次評価項目である、ベースライン時に機械的人工換気を施行されておらず入院中にその必要が生じた患者は、標準治療群の15.0%に対してレムデシビル追加群は8.0%であり、レムデシビル投与による有意なリスク低下が認められた〔RR0.53(同0.38~0.75)〕。また、28日目までに酸素投与を必要としなかった期間は、標準治療群が14.2±11日に対してレムデシビル追加群は15.9±10.5日であり、後者の方が有意に長かった(P=0.006)。28日目までに機械的人工換気を要さなかった期間も同順に、19.5±12.3日、21.4±11.3日であり、レムデシビル追加群の方が有意に長かった(P=0.007)。

 著者らは、「COVID-19患者へのレムデシビル投与の最も明白なメリットは、機械的人工換気を要する状態への進展を防ぐという点で認められた。この結果は、入院中の病勢進行を抑制する目的で、当初は重症度の低いCOVID-19患者に対してもレムデシビルを用いることに関して、おそらく付加価値があるであろうことを示唆している」と記している。

 なお、一部の著者がバイオ医薬品企業との金銭的関係の存在や、本研究に関連する特許を出願係属中であることを明らかにしている。(HealthDay News 2022年2月1日)



https://consumer.healthday.com/remdesivir-has-some-benefits-for-hospitalized-covid-patients-2656461739.html

Abstract/Full Text
https://www.cmaj.ca/content/early/2022/01/19/cmaj.211698

Copyright © 2022 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock



当コンテンツは、AJ Advisers LLCヘルスデージャパン提供の情報を元に掲載しております。
ヘルスデージャパンのコンテンツに関する利用規定はこちらをご参照ください。

免責事項

  1. ギリアド・サイエンシズ インクおよびその子会社(併せて「ギリアド社」といいます)が事前に書面により同意した場合を除き、当コンテンツを複写、複製、印刷することは禁止されています。
  2. すべての情報は「現状のまま」提供されるものであり、ギリアド社が、当コンテンツに掲載されている情報の正確さを保証するものではありません。
  3. 当コンテンツで得られた情報の利用により、閲覧者または閲覧者が所属する団体等において不都合、不利益または損害などが発生することとなっても、その原因が何であれ、または上記情報の利用と上記不都合、不利益もしくは損害等との因果関係が直接的であれ、ギリアド社は一切の責任を負いません。
  4. 当コンテンツで掲載されている情報について、ギリアド社は問い合わせ等を受け付けていません。
  5. 当コンテンツは、未承認薬または適応外使用に関する広告活動の禁止の趣旨を考慮の上、医学・薬学の専門家が科学・医学の進歩について知る権利の重要性に鑑みて提供するものです。ギリアド社は、当コンテンツに含まれる情報によって閲覧者の購入意欲を昂進させる意図は有していません。

医療関係者の皆さまへ

このサイトは、国内の医療従事者を対象にしており、
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

  • このサイトでは、コンテンツ向上や、サイトの改善のためにCookieを利用しています。
    サイトを利用することで、Cookieの利用に同意するものとします。

医療関係者の方

製品に関する添付文書や
インタビューフォームなどをご利用いただけます。

特に関心のある分野をお選びいただきますと、
ご感心に沿ったコンテンツが優先的に表示されるようになります。

服薬患者様・一般の方

当サイトは医療関係者向けとなります。

患者様・一般の皆様は会員専用ページの閲覧および会員登録することができませんのでご了承ください。

会員登録される方

会員登録していただくと、
会員限定のWEB講演会がご覧いただけます。

  • 会員登録は、国内の医療機関にお勤めの医師・薬剤師などの医療関係者を対象とさせていただきます。
  • 肝臓領域コンテンツに一部会員制コンテンツがございます。会員登録して閲覧下さい。

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

ジセレカ専用サイトへ遷移します(https://www.jyseleca.jp/)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社、エーザイ社、EAファーマ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?

ジセレカ製品サイト/関節リウマチのページへ遷移します(https://www.jyseleca.jp/ra)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社及びエーザイ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?

ジセレカ製品サイト/潰瘍性大腸炎のページへ遷移します(https://www.jyseleca.jp/uc)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社及びEAファーマ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?