ログアウトしますか?

特性

治療が長期にわたる慢性B 型肝炎患者の 核酸アナログ製剤選択のポイント

監修:武蔵野赤十字病院 院長 泉 並木先生

Efficacy

HBV DNA 陰性化
ALT持続正常化
HBe、HBs抗原量の減少及びセロコンバージョン
薬剤耐性を生じにくい

Safety

長期内服をするため、副作用につながる肝外作用が少ない

Usability

服薬の簡便性
腎・肝機能に応じた用量調節が不要

治療が長期にわたる疾患における薬物治療では、加齢に伴う臓器機能の変化に注意する必要があります。

年齢別のCKD(慢性腎臓病)患者の頻度

加齢に伴い、CKD患者割合が増加することが示されています。

対象・方法:全国10の都道府県で行われた574,024名の健診データ(男性240,594名、女性333,430名)をもとに、2005年の国勢調査にて推定した。

日本腎臓学会編:CKD診療ガイド2012,東京医学社, 2012, p11 図7

年齢別の骨粗鬆症有病率

加齢に伴い、骨粗鬆症患者割合が増加することが示されています。

対象・方法:住民コホート研究のベースライン調査参加者のうち、腰椎及び大腿骨頚部の骨密度をDXA(二重エネルギーX線吸収測定法)にて測定した1,690名を対象に、日本骨代謝学会による原発性骨粗鬆症の診断基準を用いて、骨粗鬆症有病率を推定した。

  • 骨密度が、腰椎では0.708 g/cm2未満、大腿骨頚部では男性0.604 g/cm2未満、女性0.551 g/cm2未満で骨粗鬆症と定義した。

Yoshimura N et al.:J Bone Miner Metab. 2009;27(5):620-628より作図

その他関連製品

パスワード変更のお願い

G-STATION -Lecture-はG-STATION Plusにリニューアルしました。
G-STATION -Lecture-で既に会員の先生方は、会員パスワードの再登録が必要となります。お手数ですが、こちらから再登録をお願いいたします。

医療関係者の皆さまへ

このサイトは、国内の医療従事者を対象にしており、
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

  • このサイトでは、コンテンツ向上や、サイトの改善のためにCookieを利用しています。
    サイトを利用することで、Cookieの利用に同意するものとします。

医療関係者の方

製品に関する添付文書や
インタビューフォームなどをご利用いただけます。

特に関心のある分野をお選びいただきますと、
ご感心に沿ったコンテンツが優先的に表示されるようになります。

服薬患者様・一般の方

当サイトは医療関係者向けとなります。

患者様・一般の皆様は会員専用ページの閲覧および会員登録することができませんのでご了承ください。

会員登録される方

会員登録していただくと、
会員限定のWEB講演会がご覧いただけます。

  • 会員登録は、国内の医療機関にお勤めの医師・薬剤師などの医療関係者を対象とさせていただきます。
  • 肝臓領域コンテンツに一部会員制コンテンツがございます。会員登録して閲覧下さい。

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。