ログアウトしますか?

RAマネジメントにおけるJAK阻害の意義とフィルゴチニブの安全性プロファイル-7つの臨床試験の安全性併合解析-

2021年9月21日

欧州リウマチ学会(EULAR)のプレジデントを務め、EULARリコメンデーションの策定にも関わってきたPaul Emery先生に、関節リウマチ(RA)のマネジメントにおけるJAK阻害の意義について解説していただきました。
さらに、新たなJAK阻害薬フィルゴチニブに関して、薬理学的な特性や第Ⅱ相試験・第Ⅲ相試験の安全性併合解析に基づく安全性プロファイルについて詳しく紹介していただきました。

目次

  • Opening【00:07】
  • 滑膜炎におけるサイトカインの役割【00:30】
  • RAにおけるJAK-STATシグナル伝達経路【01:24】
  • フィルゴチニブの薬理学的特徴【05:10】
  • フィルゴチニブ投与 最長5.5年の安全性併合解析【09:23】
  • 日本人集団におけるフィルゴチニブ投与 最長2.5年の安全性併合解析【23:14】
動画 [30分6秒]
動画コンテンツ
演者
Versus Arthritis Professor of Rheumatology, Leeds Institute Rheumatic and Musculoskeletal Medicine University Leeds
Director Leeds NIHR Biomedical Research Centre, The Leeds Teaching Hospitals Trust, Leeds UK
Professor Paul Emery


医療関係者の皆さまへ

このサイトは、国内の医療従事者を対象にしており、
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

  • このサイトでは、コンテンツ向上や、サイトの改善のためにCookieを利用しています。
    サイトを利用することで、Cookieの利用に同意するものとします。

医療関係者の方

製品に関する添付文書や
インタビューフォームなどをご利用いただけます。

特に関心のある分野をお選びいただきますと、
ご感心に沿ったコンテンツが優先的に表示されるようになります。

服薬患者様・一般の方

当サイトは医療関係者向けとなります。

患者様・一般の皆様は会員専用ページの閲覧および会員登録することができませんのでご了承ください。

会員登録される方

会員登録していただくと、
会員限定のWEB講演会がご覧いただけます。

  • 会員登録は、国内の医療機関にお勤めの医師・薬剤師などの医療関係者を対象とさせていただきます。
  • 肝臓領域コンテンツに一部会員制コンテンツがございます。会員登録して閲覧下さい。

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

ジセレカ専用サイトへ遷移します(https://www.jyseleca.jp/)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社、エーザイ社、EAファーマ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?

ジセレカ製品サイト/関節リウマチのページへ遷移します(https://www.jyseleca.jp/ra)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社及びエーザイ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?

ジセレカ製品サイト/潰瘍性大腸炎のページへ遷移します(https://www.jyseleca.jp/uc)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社及びEAファーマ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?