ログアウトしますか?

製品の特徴

ビクタルビ配合錠とは

ビクタルビ配合錠は、新規インテグラーゼ阻害薬(INSTI)であるビクテグラビルにF/TAFを組み合わせた新しいSTRです1

【用法・用量】
通常、成人には1回1錠(ビクテグラビルとして50mg、エムトリシタビンとして200mg及びテノホビル アラフェナミドとして25mgを含有)を1日1回経口投与する。

STR:single tablet regimen(1日1回1錠レジメン)

  1. ビクタルビ®配合錠添付文書(第1版)
  2. 厚生労働行政推進調査事業費補助金エイズ対策政策研究事業 HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究班『抗HIV治療ガイドライン』2018年3月発行
  3. 日本エイズ学会 HIV感染症治療委員会『HIV感染症「治療の手引き」』第22版 2018年11月発行
  1. ビクテグラビル、エムトリシタビン、テノホビル アラフェナミドフマル酸塩の3成分を含有する配合錠であり、1日1回1錠で、食事の有無にかかわらず服用できます。

    投与方法

  2. 抗HIV薬による治療経験がないHIV-1感染症患者および抗HIV薬による治療経験がありウイルス学的に抑制されているHIV-1感染症患者を対象とした臨床試験において、高いウイルス学的抑制率を達成しました。

    1489/1490試験

    1844試験

    1878試験

  3. 耐性検査を実施し結果が得られた3つの第Ⅲ相試験において、ビクタルビ配合錠の成分に対して、新たな耐性変異の発現は認められませんでした。

    1489/1490試験

    1878試験

  4. 安全性については、4つの第Ⅲ相試験にて有害事象、副作用の発現等が評価されました。

    安全性

投与方法

ビクタルビ配合錠は、食事の有無にかかわらず服用できるSTRです。

【用法・用量】
通常、成人には1回1錠(ビクテグラビルとして50mg、エムトリシタビンとして200mg及びテノホビル アラフェナミドとして25mgを含有)を1日1回経口投与する。