ログアウトしますか?

副作用・安全性情報・RMP

安全性

副作用

ジェノタイプ1のC型慢性肝炎患者又はC型代償性肝硬変患者を対象にハーボニー配合錠の単独投与における有効性及び安全性を評価した国内第3相臨床試験において、157例中34例(21.7%)に副作用が認められました。主な副作用は、そう痒症5例(3.2%)、 悪心及び口内炎各4例(2.5%)等でした。(承認時)
重大な副作用として高血圧(頻度不明)、脳血管障害(頻度不明)が報告されています。
なお、国内第3相臨床試験のハーボニー配合錠単独投与群において、有害事象による投与中止例は認められませんでした。

  • 自発報告又は海外の臨床試験において報告された副作用は頻度不明とした。

国内第3臨床相試験における副作用発現状況

安全性評価対象例数 157例
副作用発現症例数 34例
副作用発現症例率 21.7%
副作用名 副作用発現例数(%)
血液およびリンパ系障害 2(1.3%)
貧血 2(1.3%)
心臓障害 1(0.6%)
心室性期外収縮 1(0.6%)
眼障害 2(1.3%)
結膜出血 1(0.6%)
アレルギー性結膜炎 1(0.6%)
硝子体浮遊物 1(0.6%)
胃腸障害 14(8.9%)
悪心 4(2.5%)
口内炎 4(2.5%)
便秘 3(1.9%)
腹部不快感 3(1.9%)
軟便 1(0.6%)
口唇炎 1(0.6%)
下痢 1(0.6%)
腹部膨満 1(0.6%)
歯周病 1(0.6%)
一般・全身障害および
投与部位の状態
4(2.5%)
倦怠感 1(0.6%)
末梢性浮腫 1(0.6%)
発熱 1(0.6%)
口渇 1(0.6%)
副作用名 副作用発現例数(%)
感染症および寄生虫症 1(0.6%)
毛包炎 1(0.6%)
臨床検査 1(0.6%)
リパーゼ増加 1(0.6%)
代謝および栄養障害 1(0.6%)
高コレステロール血症 1(0.6%)
神経系障害 3(1.9%)
頭痛 3(1.9%)
精神障害 1(0.6%)
不眠症 1(0.6%)
呼吸器、胸郭および
縦隔障害
1(0.6%)
口腔咽頭痛 1(0.6%)
皮膚および皮下組織障害 10(6.4%)
そう痒症 5(3.2%)
発疹 2(1.3%)
湿疹 1(0.6%)
皮膚反応 1(0.6%)
脱毛症 1(0.6%)

MedDRA/J version 17.0で集計

承認時社内集計

「市販直後調査」報告

ハーボニー配合錠の市販直後調査期間中(2015年9月1日~2016年2月29日)の副作用の収集状況をとりまとめた報告書をダウンロードいただけます。
ハーボニー配合錠の適正なご使用にお役立てください。

「市販直後調査」 第1回中間報告
「市販直後調査」 第2回中間報告
「市販直後調査」 第3回中間報告
「市販直後調査」 第4回中間報告
「市販直後調査」 第5回中間報告
「市販直後調査」 最終報告

ジェノタイプ1型のC型慢性肝疾患に対する使用成績調査の最終結果報告

ジェノタイプ1型のC型慢性肝疾患に対する使用成績調査の最終結果報告がダウンロードいただけます。

「使用成績調査」最終結果報告
  • セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変

薬物動態

ハーボニー配合錠の健康成人における薬物動態

日本人健康成人被験者8例に、ハーボニー配合錠を空腹時に単回経口投与※したときのレジパスビル、ソホスブビル及びその主要代謝物であるGS-331007の薬物動態パラメータは以下のとおりでした。

血漿中レジパスビル、ソホスブビル及びGS-331007は、投与後約5.0時間、0.5時間及び2.5時間で最高濃度(Cmax)に到達し、消失半減期(t1/2)は50.0時間、0.38時間及び27.7時間でした。

日本人健康成人被験者にハーボニー配合錠を空腹時単回投与したときの薬物動態パラメータ

レジパスビル(n=8) ソホスブビル(n=8) GS-331007(n=8)
Cmax(ng/mL)a 421(49.0%) 1,320(34.1%) 877(35.8%)
tmax(h)b 5.00(5.00, 5.00) 0.53(0.50, 2.10) 2.50(1.00, 3.05)
AUC0-inf(ng・h/mL)a 14,000(53.6%) 1,580(51.5%) 12,100(29.8%)
t1/2(h)b 50.0(33.9, 62.3) 0.38(0.35, 0.66) 27.7(24.0, 48.6)

a:平均値(CV%)、b:中央値(範囲)

  • ハーボニー配合錠の用法・用量は「通常、成人には1日1回1錠(レジパスビルとして90mg及びソホスブビルとして400mg)を12週間経口投与する。」です。

社内資料:相対的バイオアベイラビリティ及び食事の影響を検討した試験(GS-US-337-0101)、
健康被験者における薬物動態試験(GS-US-334-0111)

ハーボニー配合錠の薬物動態に対する食事の影響(外国人データ)

外国人健康成人被験者29例に、ハーボニー配合錠を空腹時及び食後に単回経口投与したときのレジパスビル、ソホスブビル及びGS-331007の薬物動態パラメータは以下のとおりでした。

健康成人被験者にハーボニー配合錠を空腹時及び食後に単回投与したときの薬物動態パラメータ (外国人データ)

レジパスビル ソホスブビル GS-331007
空腹時(n=29) 食後(n=29) 空腹時(n=29) 食後(n=29) 空腹時(n=29) 食後(n=29)
Cmax(ng/mL)a 324(44.8%) 255(25.9%) 1,240(49.6%) 1,350(42.5%) 865(26.6%) 600(22.9%)
tmax(h)b 4.50(4.50, 20.0) 5.00(4.50, 10.0) 1.00(0.25, 3.00) 2.00(0.50, 4.50) 3.50(2.00, 6.00) 4.50(2.50, 8.00)
AUC0-inf(ng・h/mL)a 10,600(57.2%) 9,220(36.1%) 1,520(39.5%) 2,570(34.0%) 11,800(23.0%) 12,900(18.5%)
t1/2(h)b 48.5(29.6, 117) 44.9(23.5, 69.2) 0.45(0.33, 0.75) 0.55(0.37, 2.72) 25.7(11.7, 36.8) 29.0(16.8, 41.5)

高脂肪食(約1,000 kcal、約50%脂肪)摂取時の結果
a:平均値(CV%)、b:中央値(範囲)
社内資料:相対的バイオアベイラビリティ及び食事の影響を検討した試験(GS-US-337-0101)

医薬品リスク管理計画書(RMP)

その他関連製品

パスワード変更のお願い

G-STATION -Lecture-はG-STATION Plusにリニューアルしました。
G-STATION -Lecture-で既に会員の先生方は、会員パスワードの再登録が必要となります。お手数ですが、こちらから再登録をお願いいたします。

医療関係者の皆さまへ

このサイトは、国内の医療従事者を対象にしており、
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

  • このサイトでは、コンテンツ向上や、サイトの改善のためにCookieを利用しています。
    サイトを利用することで、Cookieの利用に同意するものとします。

医療関係者の方

製品に関する添付文書や
インタビューフォームなどをご利用いただけます。

特に関心のある分野をお選びいただきますと、
ご感心に沿ったコンテンツが優先的に表示されるようになります。

服薬患者様・一般の方

当サイトは医療関係者向けとなります。

患者様・一般の皆様は会員専用ページの閲覧および会員登録することができませんのでご了承ください。

会員登録される方

会員登録していただくと、
会員限定のWEB講演会がご覧いただけます。

  • 会員登録は、国内の医療機関にお勤めの医師・薬剤師などの医療関係者を対象とさせていただきます。
  • 肝臓領域コンテンツに一部会員制コンテンツがございます。会員登録して閲覧下さい。

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。