ログアウトしますか?

GS-US-540-5774(SIMPLE-Moderate)試験(国際共同第Ⅲ相試験)

試験のサマリー

  • レムデシビルの5日間投与は、中等症のCOVID-19患者に対して、標準療法と比較して臨床症状の改善に効果があることが示されました(主要評価項目)。
  • 試験デザイン
    ・GS-US-540-5774(SIMPLE Moderate)試験は中等症のCOVID-19患者596名を対象とした無作為化非盲検並行群間試験であり、その結果はJAMAに公表されています。
  • 無作為化後10日目に7点順序尺度で評価した臨床状態(主要評価項目)
    ・レムデシビル5日間投与は標準療法と比較して有意に臨床的改善をもたらすことが示されました(オッズ比:1.65、95% CI 1.09-2.48;p=0.02)。
    ・レムデシビル10日間投与と標準療法との間に有意差は示されませんでした(p=0.18)。
  • 安全性(副次評価項目)
    ・有害事象はレムデシビル10日間投与群、5日間投与群、標準療法群でそれぞれ、59%、51%、47%に認められました。主な有害事象として、レムデシビル10日間投与群、5日間投与群、標準療法群で、悪心は9%、10%、3%、下痢は5%、6%、7%、低カリウム血症は7%、5%、2%、頭痛は5%、5%、3%に認められました。

Spinner CD, et al.: JAMA 2020; 324(11): 1048-1057.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

試験概要

目的 中等症のSARS-CoV-2による感染症におけるレムデシビルの5日間又は10日間投与の有効性・安全性を標準療法と比較して検討する。
対象 12歳以上18歳未満かつ体重40kg以上、及び18歳以上の中等症のSARS-CoV-2による感染症患者596例
方法 国際多施設共同、無作為化非盲検並行群間比較、第Ⅲ相試験。患者を無作為化し、レムデシビルを点滴静注で初日に200mg投与した後、5日目まで1日1回100mg投与する群、10日目まで1日1回100mg投与する群、標準療法群に1:1:1の比率で割り付けた。
主要評価項目 無作為化後10日目(Day 11)に7点順序尺度で評価した臨床状態
副次評価項目 有害事象の発現状況
探索的評価項目 ・回復、臨床的改善、7点の順序尺度における1点以上の改善、酸素吸入の終了を達成するまでの時間およびDay 5、7、11にそれらを達成した患者割合
・入院期間、酸素吸入の継続期間、全死亡率
解析計画 回復は、患者が7点順序尺度〔1:死亡、2:入院かつECMO又は侵襲的人工呼吸器による管理、3:入院かつ非侵襲的換気又は高流量酸素による管理、4:入院かつ低流量酸素による管理、5:入院しており、酸素吸入を要しないがSARS-CoV-2による感染症に関わらず継続的な治療を要する、6:入院しており、酸素吸入及び継続的な治療は要しない(ただし、プロトコルに従った本剤の投与は除く)、7:退院〕においてベースラインのスコア2~5から6~7、又はベースラインのスコア6から7への改善と定義した。臨床的改善は7点順序尺度においてベースラインのスコアから2点以上の改善と定義した。
主要評価項目である無作為化後10日目に評価した臨床状態は各レムデシビル群と標準療法群との差について比例オッズモデルを用いてオッズ比と95%信頼区間を算出した。比例オッズ仮説はスコア検定を用いて検定し仮説が満たされない場合はウィルコクソンの順位和検定を用いてP値を算出した。

Spinner CD, et al.: JAMA 2020; 324(11): 1048-1057.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

ベースライン時の人口統計学的及び臨床的特性

* アメリカンインディアン、アラスカ先住民、ハワイ先住民、太平洋諸島の民族、アラブ系民族、不明や特定不可能を含む。

* 医療が必要でなくても隔離やその他の社会的理由で入院が継続される場合も含まれる。

レムデシビル
10日間投与群

レムデシビル
5日間投与群

標準療法群

レムデシビル
10日間投与群

レムデシビル
5日間投与群

標準療法群

* レムデシビルの初回投与から最終投与の間(標準療法群では初日以降)に使用された薬剤を含む。

Spinner CD, et al.: JAMA 2020; 324(11): 1048-1057.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

臨床転帰(主要評価項目・探索的評価項目)

a レムデシビル5日間投与群についてのオッズ比とP値は比例オッズモデルを用いて算出。レムデシビル10日間投与群については比例オッズ仮説が満たされていないためオッズ比は示されていない(P値はウィルコクソンの順位和検定で算出)。b 7点順序尺度においてベースラインから2点以上の改善。c ベースラインのスコア2~5から6~7、又はベースラインのスコア6から7への改善。

JAMA, 2020 Sep 15, 324(11):1048-1057, Copyright © 2020 American Medical Association. All rights reserved.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

無作為化後10日目における臨床状態(主要評価項目)

  • レムデシビル5日間投与は標準療法と比較して有意に臨床的改善をもたらすことが示されました(オッズ比:1.65、95% CI 1.09-2.48;p=0.02)。
  • レムデシビル10日間投与と標準療法との間に有意差は示されませんでした(p=0.18)。

レムデシビル5日間投与群 vs 標準療法群*

*:レムデシビル5日間投与群についてのオッズ比とP値は比例オッズモデルを用いて算出。レムデシビル10日間投与群については比例オッズ仮説が満たされていないためオッズ比は示されていない(P値はウィルコクソンの順位和検定で算出)。

Spinner CD, et al.: JAMA 2020; 324(11): 1048-1057.より作図
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

有害事象の発現状況a(副次評価項目)

NA:not applicable、ULN:基準値上限、a:全安全性解析はデータカットオフ時までのすべての患者のデータを含む。b:28日間の試験期間を通じて

JAMA, 2020 Sep 15, 324(11):1048-1057, Copyright © 2020 American Medical Association. All rights reserved.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。

パスワード変更のお願い

G-STATION -Lecture-はG-STATION Plusにリニューアルしました。
G-STATION -Lecture-で既に会員の先生方は、会員パスワードの再登録が必要となります。お手数ですが、こちらから再登録をお願いいたします。

医療関係者の皆さまへ

このサイトは、国内の医療従事者を対象にしており、
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

  • このサイトでは、コンテンツ向上や、サイトの改善のためにCookieを利用しています。
    サイトを利用することで、Cookieの利用に同意するものとします。

医療関係者の方

製品に関する添付文書や
インタビューフォームなどをご利用いただけます。

特に関心のある分野をお選びいただきますと、
ご感心に沿ったコンテンツが優先的に表示されるようになります。

服薬患者様・一般の方

当サイトは医療関係者向けとなります。

患者様・一般の皆様は会員専用ページの閲覧および会員登録することができませんのでご了承ください。

会員登録される方

会員登録していただくと、
会員限定のWEB講演会がご覧いただけます。

  • 会員登録は、国内の医療機関にお勤めの医師・薬剤師などの医療関係者を対象とさせていただきます。
  • 肝臓領域コンテンツに一部会員制コンテンツがございます。会員登録して閲覧下さい。

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。