ログアウトしますか?

ベクルリー点滴静注用 GS-US-540-9012(PINETREE)試験(海外第Ⅲ相試験)(海外データ) 

GS-US-540-9012(PINETREE)試験(海外第Ⅲ相試験) (海外データ)

Gottlieb RL, et al: N Engl J Med. 2022; 386(4):305-315. doi: 10.1056/NEJMoa2116846. Epub 2021 Dec 22.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。本論文の著者の一部はギリアド・サイエンシズ社の社員です。

試験概要

目的 本試験ではCOVID-19新規患者の急増とそれに伴う医療機関の逼迫を解消するために、外来におけるベクルリー投与の有効性と安全性を検討する。
対象 COVID-19の進行リスクが高い12歳以上、もしくは60歳以上の患者で、症状発現から7日以内かつ陽性が判明して4日以内の1264名(試験途中で患者登録が中止されたため、無作為化されたのは584名)を対象とした。
方法 プラセボ対照無作為化二重盲検並行群間比較試験。患者を無作為化し、ベクルリーを点滴静注で初日に200mg投与、2日目と3日目に100mg投与する群とプラセボ群に1:1の比率で割り付けた。
主要評価項目 28日目までのCOVID-19関連の入院または全死亡、投与下で発現した有害事象の割合。
副次評価項目 28日目までのCOVID-19関連の医療機関受診または全死亡、28日目までの全死亡率、14日目までにFLU-PRO Plusにより報告された症状が緩和するまでの期間、ベースラインから7日目までのSARS-CoV-2の時間加重平均変化量など。
解析計画 主要評価項目および副次評価項目に関するハザード比、レート比、両側95%信頼区間を、療養施設へ入居状況(有または無)、年齢(60歳未満または60歳以上)、居住地域(米国または米国外)の層別因子で調整したCox比例ハザードモデルで算出した。有効性の主要評価項目に対するP値は、同じ方法を用いて算出した。28日目までにCOVID-19関連で入院した患者の割合は、Kaplan-Meier解析により算出された。事前規定解析および事後解析におけるベースラインのCOVID-19症状が緩和されるまでの時間は,Kaplan-Meier積限界法を用いて推定した。ベースラインから7日目までのウイルス量の時間加重平均変化は、ベースラインのウイルス量を共変量とした共分散分析で評価した。算出されたすべての信頼区間の幅は、多重性の調整を行わなかった。主要評価項目について、居住地域、年齢、介護施設入所、性別、人種、重症化リスク、ベースライン時のCOVID-19の症状によるサブグループ解析を行った。
また、治療開始時の症状発現からの時間(≦5日、≧6日)、ベースラインの危険因子数(1~2、≧3)で層別化し、COVID-19関連の入院または医療機関受診、鼻咽頭におけるSARS-CoV-2ウイルスRNAコピー数に対するベクルリーの効果を評価するサブグループ解析を実施した。

試験のサマリー

  • レムデシビルの3日間投与は、進行リスクの高い軽症のCOVID-19患者に対して、プラセボ群と比較してCOVID-19関連の入院または全死亡のリスクを下げることが示されました(主要評価項目)。
    投与下で発現した有害事象はレムデシビル群が118例 (42.3%)、プラセボ群が131例(46.3%)、投与中止に至った有害事象はレムデシビル群が2例 (0.7%)、プラセボ群が5例(1.8%)でした(主要評価項目)。
  • 試験デザイン
    ・ GS-US-540-9012(PINETREE)試験は進行リスクの高い軽症のCOVID-19患者1264名(試験途中で患者登録が中止されたため、無作為化されたのは584名)を対象としたプラセボ対照無作為化二重盲検並行群間比較試験です。
  • 28日目までのCOVID-19関連の入院または全死亡(主要評価項目)
    ・28日目までのCOVID-19関連の入院または全死亡のリスクはプラセボ群と比較して87%低下しました(HR 0.13, 95% CI:0.03–0.59, p=0.008、Cox比例ハザードモデル)。
  • 投与下で発現した有害事象の割合(主要評価項目)
    ・投与下で発現した有害事象はレムデシビル群が118例 (42.3%)、プラセボ群が131例(46.3%)、投与中止に至った有害事象はレムデシビル群が2例 (0.7%)、プラセボ群が5例(1.8%)でした。
  • 28日目までのCOVID-19関連の医療機関受診または全死亡(副次評価項目)
    ・28日目までのCOVID-19関連の医療機関受診または全死亡のリスクはプラセボ群と比較して81%低下しました(HR 0.19, 95%CI:0.07–0.56, Cox比例ハザードモデル)。
  • 症状が緩和するまでの期間(副次評価項目)
    ・初回投与前にFLU-PRO Plus*の質問に回答した126名のうち、14日目までに症状の緩和が認められたのは、レムデシビル群66名中23名(34.8%)とプラセボ群60名中15名(25.0%)でした(RR 1.41、95% CI:0.73-2.69)。
  • ウイルス量の変化(副次評価項目)
    ・ベースラインから7日目までのウイルス量の時間加重平均変化量について、両群間で大きな差はありませんでした(レムデシビル群-1.24 log10コピー/ml、プラセボ群-1.14 log10コピー/ml、最小二乗平均差0.07、95%CI:-0.10-0.24)。

*FLU-PRO Plus: InFLUenza Patient-Reported Outcome Plus. FLU-PROはウイルス性気道疾患の症状の強度と頻度を測定するために開発されたツールであり、それに味覚と嗅覚の喪失に関する質問が追加されたものがFlu-PRO Plus。

Gottlieb RL, et al: N Engl J Med. 2022; 386(4):305-315. doi: 10.1056/NEJMoa2116846. Epub 2021 Dec 22.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。本論文の著者の一部はギリアド・サイエンシズ社の社員です。

ガイドラインの重症度分類と臨床試験における順序尺度

  • 『新型コロナウイルス感染症 COVID-19 診療の手引き』における重症度分類とPINETREE試験における対象患者は下記のとおりです。
  • PINETREE試験では、入院していない重症化リスク*の高い患者を対象としています。

*リスク因子:慢性肺疾患、高血圧、心血管疾患、糖尿病、肥満、免疫不全状態、慢性腎臓病、慢性肝疾患、進行がん、鎌状赤血球症

1.令和2年度厚生労働行政推進調査事業費補助金 新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業 一類感染症等の患者発生時に備えた臨床的対応に関する研究 新型コロナウイルス感染症 COVID-19 診療の手引き 第7.2版. 2022年5月9日発行。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00111.html(2022年1月6日閲覧)
2. NIH COVID-19 Treatments Guidelines Last Updated: April 8, 2022. https://www.covid19treatmentguidelines.nih.gov/therapeutic-management/ (2022年5月10日閲覧)
3. Beigel JH, et al.: N Engl J Med 2020; 383: 1813-26.
本論文の著者の一部はギリアド・サイエンシズ社の社員です。
4. Kalil AC, et al.: N Engl J Med 2021; 384(9): 795-807.
本論文の著者の一部はギリアド・サイエンシズ社の社員です。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。
5. Spinner CD, et al.: JAMA 2020; 324(11): 1048-1057.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者にギリアド・サイエンシズ社より支援を受けている者が含まれます。
6. Goldman JD, et al.: N Engl J Med 2020; 383: 1827-37.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。著者の一部はギリアド・サイエンシズ社の社員です。
7. Gottlieb RL, et al: N Engl J Med. 2022; 386(4):305-315. doi: 10.1056/NEJMoa2116846. Epub 2021 Dec 22.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。本論文の著者の一部はギリアド・サイエンシズ社の社員です。

ベースラインの患者背景

*プラスマイナスの数値は平均値±SD。IQRは四分位範囲、RT-PCRは逆転写酵素-ポリメラーゼ連鎖反応、SARS-CoV-2は重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2型を示す。
†人種と民族は患者から報告されたものである。患者は複数の人種または民族を申告できた。
‡データは、統計解析計画書(NEJM.orgでプロトコルと一緒に入手可能)に定義されたウイルス学的解析セットについて示している。レムデシビル群279例中215例(77.1%)、プラセボ群283例中213例(75.3%)。

Copyright © 2021 Massachusetts Medical Society. All rights reserved. Translated with permission.
Gottlieb RL, et al: N Engl J Med. 2022; 386(4):305-315. doi: 10.1056/NEJMoa2116846. Epub 2021 Dec 22.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。本論文の著者の一部はギリアド・サイエンシズ社の社員です。

28日目までのCOVID-19関連の入院または全死亡(主要評価項目)

  • レムデシビル群において28日目までのCOVID-19関連の入院または全死亡のリスクは、プラセボ群と比較して87%低下しました(HR 0.13, 95% CI:0.03–0.59, p=0.008, Cox比例ハザードモデル)。

Gottlieb RL, et al: N Engl J Med. 2022; 386(4):305-315. doi: 10.1056/NEJMoa2116846. Epub 2021 Dec 22.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。本論文の著者の一部はギリアド・サイエンシズ社の社員です。

投与下で発現した有害事象(主要評価項目)

  • 投与下で発現した有害事象はレムデシビル群が118例 (42.3%)、プラセボ群が131例(46.3%)、投与中止に至った有害事象はレムデシビル群が2例 (0.7%)、プラセボ群が5例(1.8%)でした。

* 青年期患者8名のうち、プラセボ群の1名が有害事象(軽度の疲労感)を報告しました。
†重症度は、Division of AIDS Table for Grading the Severity of Adult and Pediatric Adverse Events, version 2.1に従って定義されました。

Copyright © 2021 Massachusetts Medical Society. All rights reserved. Translated with permission.
Gottlieb RL, et al: N Engl J Med. 2022; 386(4):305-315. doi: 10.1056/NEJMoa2116846. Epub 2021 Dec 22.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。本論文の著者の一部はギリアド・サイエンシズ社の社員です。

28日目までのCOVID-19関連の医療機関受診または全死亡(副次評価項目)

  • レムデシビル群において28日目までのCOVID-19関連の医療機関受診または全死亡のリスクは、プラセボ群と比較して81%低下しました(HR 0.19, 95%CI:0.07–0.56, Cox比例ハザードモデル)。

Gottlieb RL, et al: N Engl J Med. 2022; 386(4):305-315. doi: 10.1056/NEJMoa2116846. Epub 2021 Dec 22.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。本論文の著者の一部はギリアド・サイエンシズ社の社員です。

試験集団の5%以上で28日目までにCOVID-19に関連した入院またはあらゆる原因による死亡が発生したベースライン時の人口統計学的および臨床的特徴(サブグループ解析)

  • 米国に居住、60歳以上、男性、糖尿病、肥満、高血圧の試験集団において、28日目までにCOVID-19関連の入院または全死亡のリスクが、プラセボ群と比較してレムデシビル群のほうが有意に低下しました(Cox比例ハザードモデル)。

ハザード比および両側95%信頼区間(Iバー)は、ベースラインの層別化因子(介護施設での居住(有または無)、年齢(60歳未満または60歳以上)、国(米国または米国外)を共変量としてCox回帰を使用して推定された。ヒスパニックまたはラテン系の民族グループによる層別化は、ポストホックで実施した。レムデシビル群のイベントがないサブグループのハザード比および95%信頼区間は正確に算出できなかったため、省略した。破線は、ハザード比が1.0であることを示す。

Copyright © 2021 Massachusetts Medical Society. All rights reserved. Translated with permission.
Gottlieb RL, et al: N Engl J Med. 2022; 386(4):305-315. doi: 10.1056/NEJMoa2116846. Epub 2021 Dec 22.
本試験はギリアド・サイエンシズ社より支援を受けています。本論文の著者の一部はギリアド・サイエンシズ社の社員です。

本試験のサブグループ解析(事後解析)につきましては、こちらからご覧ください。

医療関係者の皆さまへ

このサイトは、国内の医療従事者を対象にしており、
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

  • このサイトでは、コンテンツ向上や、サイトの改善のためにCookieを利用しています。
    サイトを利用することで、Cookieの利用に同意するものとします。

医療関係者の方

製品に関する添付文書や
インタビューフォームなどをご利用いただけます。

特に関心のある分野をお選びいただきますと、
ご感心に沿ったコンテンツが優先的に表示されるようになります。

服薬患者様・一般の方

当サイトは医療関係者向けとなります。

患者様・一般の皆様は会員専用ページの閲覧および会員登録することができませんのでご了承ください。

会員登録される方

会員登録していただくと、
会員限定のWEB講演会がご覧いただけます。

  • 会員登録は、国内の医療機関にお勤めの医師・薬剤師などの医療関係者を対象とさせていただきます。
  • 肝臓領域コンテンツに一部会員制コンテンツがございます。会員登録して閲覧下さい。

会員の方

ID・パスワードをお持ちの方は、
こちらからログインください。

ジセレカ専用サイトへ遷移します(https://www.jyseleca.jp/)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社、エーザイ社、EAファーマ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?

ジセレカ製品サイト/関節リウマチのページへ遷移します(https://www.jyseleca.jp/ra)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社及びエーザイ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?

ジセレカ製品サイト/潰瘍性大腸炎のページへ遷移します(https://www.jyseleca.jp/uc)

G-Station Plusを離れます。遷移先のコンテンツはギリアド社及びEAファーマ社が共同で管理・提供するものとなります。

この先のコンテンツをご覧になりますか?